分析

分析機器の本格的な稼働を始めました

ICP-OES,分光光度計,FT-IR,屈折率計が本格的な稼働を始めました。

当社のICP-OESでは、オートサンプラーを使用して試料を自動で測定しますので、一度に60検体までの測定が可能になります。

今は、まだまだ稼働能力にも余力がありますが、これから数多くの分析を行い、OEM商品・新商品等の分析、品質管理の向上、研究開発に努めていきます。

                ICP-OES                             

 ICP-OES               

品質管理

設備・機器   2013/03/04   総合企画室
タグ:分析